『選挙』

『選挙』という映画を観ました。
平たく言うと、選挙のドキュメンタリー映画です。
もう少し言ってみると、政治の素人がなりゆきで立候補し、「どぶ板選挙」をする映画です。
英題も付いておりまして、「イレクション」ではなく「キャンペイン」なのです。
投票日までの選挙活動をひたすら追い続けています。

どぶ板選挙とは、有権者の家にこまめに赴いたり、
選挙カーで町中をまわってアピールするような、いわゆる支持団体の力に
頼らない選挙のことを言うそうです。
主演の「山さん」も、駅前で自分の名前を連呼したり通勤客に握手してまわったり、
時には小学生たちにもチラシをあげて「おかあさんによろしくね」なんて言ったりと
いろいろやっています。

出馬を要請した自民党関係者からは、
「何をやっても怒られ、何をやらなくても怒られ」ながら、時には奥さんにもブチ切れられたり、
山さんは困惑しながらも活動を続けていきます。

選挙の結果は、映画の目玉のひとつでもありますので書きませんが、
この映画の面白い点のひとつに、観覧者に何らのメッセージも強いない事があります。
いや、もちろん伝えたいことがあって映画を作ったのでしょうが、
それを押し付けてこないという意味です。
日本の特有な選挙活動を笑い飛ばすもよし、
山さんの打たれ強さに敬服するもよし、
来る7月の選挙を思い出すもよし、
途中で寝てしまってもよし・・・。

ニュース番組などで、テレビは人々にステレオタイプな枠を作りすぎたと思います。
ものごとを一義的な、あるいは象徴的な強いメッセージを与えて片付けることで
「わかりやすさ」は追求されましたが、
ものごとはそんなに判りやすくないという事まで、忘れさせてしまっています。
また、我々も判らないことに対して「わかりやすさ」を強く求めてしまっている。


『選挙』という映画は、そのような「わかりやすさ」ばかり追求する傾向とは
逆行する映画だと思います。我々が作り上げてしまったイメージの枠を壊してくれる。
また、イメージの枠にものごとを納めるのは不可能なのだったと思い出させてくれる。
この映画の監督がそのような意思で撮ったかよく知りませんが、
こういう短絡的でない映画は優れているんじゃないかなあ、と思っています。


想田和弘監督 『選挙』 
[PR]
by fukidamarism | 2007-06-11 12:52


<< 『映画は生きものの記録である ... 『膠着』 >>